• このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンをレンタルする際には必要とされるスペックを見極める

仕事やプライベートで使用するパソコンを準備するには、相応な予算が必要となります。1台や2台など少数であれば問題ありませんが、台数によっては負担も大きくなってしまいます。 初期費用を削減する方法として、レンタルやリースがあります。いずれも支払いはその都度、もしくは月々の分割払いとなるため、初期費用の負担は限りなく抑えることができ、費用を他の項目に回すことも可能となります。 費用は業者によって若干異なるのはもちろんですが、台数や使用日数等、様々な要素によっても大きく変化します。特にスペックは、値段を決定付ける大きな要素となるため、経費を削減するためにはオーバースペックとならないよう、用途に見合った性能をもったパソコンを選択することが重要となります。

必要とされる機能や仕様を事前に見極める

必要とされる機能や仕様は、使用するアプリケーションやツールなど目的によって異なるため、事前に見極めることが肝心です。 例えば、ワープロソフトで文書を作成したり、表計算ソフトで週報や月報を作成する程度であれば、CPUの仕様は低くても業務に支障をきたすことはありません。ブラウザを使用しインターネット上から情報を入手する必要があったとしても、デュアルコアで動作週周波数が2GHzもあれば動作することも可能で、ビジネス用途でも十分です。 一方、3DのCADを操作したり、動画のエンコードを行うような場合であれば、最低でも4コア以上のCPU、動作周波数も高いものが要求されるほか、安定した動作には十分なメインメモリも必要とされます。場合によっては高性能なグラフィックチップを搭載している機種が必要となることもあるため、十分に吟味することが大切です。

リース契約との違いやメリットについて

レンタルすることのメリットは、利用方法によって経費が大幅に安くなることです。 週に1日だったり、月に数回程度などスポット的な利用であれば、リースや購入に比べ経費削減の効果は絶大です。特に事務程度の利用であれば、デュアルコアなどスペックは低くても問題ないため、料金は更に安くなります。 購入予定のパソコンと同程度の機種を、購入前に試すという方法も可能です。 リースとの違いは、リースは減価償却によって期間が定められることが多いため、契約期間が比較的長いという特徴がありますが、レンタルは期間をほぼ自由に決めることができます。 リースは契約期間中の解約も一定のルールが設定されているため、多くは違約金が必要となるなど、ユーザーにとって不利になることが少なくありません。 このように、自由度の高さも大きな特徴となっています。

ピックアップ記事

軽量のノートパソコンをレンタルできる

パソコンは現在の仕事に必須の道具ですが、購入するよりはレンタルした方がコストを下げられます。特に軽量のノート型だったら、買うよりも借りた方がいろいろな面が都合が良くなります。例えば、営業の人でプレゼン...

安心保証ならレンタルのパソコンが故障しても安心

急に必要が生じた場合だけではなく、常に最新の機種を用意したい場合、現在使用している環境を保持したまま、新しいアプリケーションや周辺機器の動作確認を実験的に行いたい場合など、レンタルのパソコンが便利です...