• このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンレンタルは期間や利用頻度で決めましょう

セミナーなどを開催する時、参加者にパソコンを用意して、自社のサービスを紹介するケースがあります。
これはセミナーだけではなく、社員研修などの場合も同じです。
社員研修の場合には、実務を行うときにオフィス内にあるデスクトップタイプを利用するので、研修の時には持ち運びが便利なノート型が良いと感じる人もいます。
また、社員研修を行う場所を選ぶ時、自社内にスペースがなければ貸し会議室などを利用するシーンも多くなるので、運びやすいタイプを利用したいケースは多いと言えましょう。
利用するのは社員研修期間だけなどの場合、会社で購入するよりもレンタルの方がトータルコストは安くなりますし、保守管理なども不要になるメリットを持ちます。

社員研修で人数分必要となった場合に

企業の多くが毎年新卒者の採用を行うと同時に、入社後の社員研修を実施するケースがあります。
採用人数は企業の業績などに応じて変わりますが、社員研修を行う事で、自社ではどのような業務を行うのか、強みはどのような事か、社会人として生きて行く上で最小限のスキルを社員研修の場で学ぶ事になります。
研修の中ではノートパソコンを使って操作を行いながら進められることもあります。
実務で利用するのはデスクトップタイプが主流となる場合もあるので、研修の中で利用するためには人数分の購入が必要になります。
しかし、社員研修期間中のみの利用になるなど、実務の中で使わないなどの場合は、購入するよりも借りた方が経費を抑える事が出来ます。
さらに、購入した場合には保守管理なども必要になるので購入すべきか否かを検討する事が大切です。

購入した場合には保守や管理などが必要になります

社内で社員研修を行う場所が確保出来ない時、会社の近くにある貸し会議室を利用すれば、一定期間の中で社員研修を進めて行くことが可能になります。
さらに、研修の時は持ち運びが便利なノートパソコンを用意しておけば、貸し会議室に出掛けるときなど、各自が持参して参加が出来るメリットがあります。
ただし、利用対象となる期間が社員研修の時だけとなった場合、わざわざ経費を使って購入するのではなく、レンタルを利用した方が経費の節約にもつながります。
また、購入した場合には会社の資産として登録が必要になる、定期的な保守や管理などにも経費がかかるなど、決まった間だけの利用であれば、レンタルの方がお得です。
ちなみに、料金はサービスを提供している会社ごとに異なるので、料金比較をしておきましょう。

ピックアップ記事

軽量のノートパソコンをレンタルできる

パソコンは現在の仕事に必須の道具ですが、購入するよりはレンタルした方がコストを下げられます。特に軽量のノート型だったら、買うよりも借りた方がいろいろな面が都合が良くなります。例えば、営業の人でプレゼン...

安心保証ならレンタルのパソコンが故障しても安心

急に必要が生じた場合だけではなく、常に最新の機種を用意したい場合、現在使用している環境を保持したまま、新しいアプリケーションや周辺機器の動作確認を実験的に行いたい場合など、レンタルのパソコンが便利です...